auひかりの料金を1,000円以上安く!初期費用・月額料金の仕組みやお得な使い方を解説

auひかりの料金を1000円以上安く 初期費用・月額料金の仕組みやお得な使い方

「auひかりに契約するならどのプランがお得なの?」「月々のau光の料金を見直したい」とお悩みではありませんか?

結論を言うと、すでにauひかりを利用している場合は支払い方法やオプションの見直し、auスマートバリューの適用で月々の料金を安くすることができます

また新規でauひかりを契約する場合は、auひかりを取り扱う代理店経由で申込み、回線を引く建物の種類に合った料金プランを選ぶことをおすすめします。

今回はauひかりの料金について、初期費用と月額料金の仕組みや、月々の料金をお得にする方法を解説します。

auひかりの初期費用は?工事費が実質無料になるポイント

auひかりの初期費用の内訳「新規登録料」「開通工事費」であり、住んでいる建物によって料金が異なります。

戸建てと集合住宅のauひかりの初期費用は、以下のとおりです。

建物の種類A.新規登録料B.開通工事費初期費用
(A+B)
戸建て3,300円41,250円44,550円
集合住宅3,300円33,000円36,300円
※全て税込価格です。

auひかりの開通工事費の支払い

開通工事費は「一括払い」「分割払い」から選べます

分割払いは月々のauひかりの利用料金に上乗せされ、戸建ての場合は687.5円(税込)×60回払いマンションは1,250円(税込)×24回払いです。

分割払いの期間の途中にauひかりを解約すると、工事費の残債を一括で支払う必要があります。

工事費が実質無料になるポイント

auひかりのプロバイダや代理店の多くは「初期費用相当額割引キャンペーン」を実施しており、これを利用することで工事費が実質無料になります。

ただし、「初期費用相当額割引キャンペーン」で開通工事費を実質無料にするためには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 戸建てはひかり電話の加入が必須
  2. 戸建ては5年(60回)、マンションは2年(24回)の契約が必須

キャンペーンが適用されても、支払期間の途中で解約した場合は、残りの工事費が一括支払いとなります。

auひかりの解約を検討する場合は、契約解除料のみならず、工事費の残債にも注意が必要です。

auひかりの料金プランと月額料金をわかりやすく解説

auひかりは、住んでいる建物によって以下のサービスに分かれます。

建物の種別サービス
戸建てauひかりホーム10ギガ
auひかり ホーム5ギガ
auひかり ホーム1ギガ
集合住宅
(マンション、アパート)
auひかり マンション

戸建て向けのauひかりのサービスは3種類ありますが、上り・下り速度が最大1Gbpsの「auひかり ホーム1ギガ」が標準的です。

ここでは、戸建て向けの「auひかり ホーム1ギガ」と集合住宅向けの「auひかり マンション」について詳しく解説していきます。

「auひかり ホーム1ギガ」の料金プランと月額料金

戸建て向けサービスである「auひかり ホーム1ギガ」は、以下の3つの料金プランに分かれます。

  • ずっとギガ得プラン(契約期間3年・自動更新)
  • ギガ得プラン(契約期間2年・自動更新)
  • 標準プラン(契約期間なし)

3つの料金プランそれぞれの月額料金、契約解除料は以下のとおりです。

料金プラン月額料金契約解除料
ずっとギガ得プラン1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
16,500円
ギガ得プラン5,720円10,450円
標準プラン6,930円なし
※すべて税込価格です。

「ずっとギガ得プラン」をプロバイダの「au one net」経由で契約すれば、2年目から月額料金が安くなります。

ただし、auひかりをもっともお得に利用する方法は、代理店経由で契約することです。

たとえば、auひかりの代理店であるNNコミュニケーションズなら、最大52,000円(税込)のキャッシュバック、開通工事費が実質無料といったメリットが得られます。
(キャッシュバック金額は変動があるものなので契約するタイミングによってはキャッシュバック金額が異なる場合もあります)

「auひかり マンション」の料金プランと月額料金

集合住宅向けサービスである「auひかり マンション」は、配線方式の違いによって適用される料金プランが異なり、なおかつ契約戸数によって月額料金も異なります。

さらに、各料金プランには契約期間が2年縛りの「お得プラン」と、契約期間なしの「標準プラン」の2種類があります。

「auひかり マンション」の料金プランごとの月額料金と契約解除料は、以下のとおりです。

料金プラン月額料金契約解除料
マンション タイプG
お得プラン
16契約以上:4,180円
8契約以上:4,510円
10,450円
マンション タイプG
標準プラン
16契約以上:5,390円
8契約以上:5,720円
なし
マンション タイプV
お得プラン
16契約以上:4,180円
8契約以上:4,510円
7,700円
マンション タイプV
標準プラン
16契約以上:4,180円
8契約以上:4,510円
なし
マンション 都市機構DX
お得プランA
4,180円7,700円
マンション 都市機構DX
標準プラン
4,180円なし
マンション 都市機構G
お得プラン
4,180円10,450円
マンション 都市機構G
標準プラン
5,390円なし
マンション タイプE
お得プランA
16契約以上:3,740円
8契約以上:4,070円
7,700円
マンション タイプE
標準プラン
16契約以上:3,740円
8契約以上:4,070円
なし
マンション タイプF
お得プラン
4,290円7,700円
マンション タイプF
標準プラン
4,290円なし
マンション ギガ
お得プラン
4,455円7,700円
マンション ギガ
標準プラン
4,455円なし
マンション ミニギガ
お得プラン
5,500円7,700円
マンション ミニギガ
標準プラン
5,500円なし
※全て税込価格です。

「auひかり マンション」の料金プランのうち、「マンション ギガ」と「マンション ミニギガ」以外のプランは、上り・下り速度が1Gbpsを下回ります。

なかでも「タイプE」「タイプF」「タイプV」は、上り・下り速度が最大100Mbpsしかありません。

快適なインターネットの閲覧や動画視聴を希望する場合は、他の回線業者を探したほうが良いでしょう。

auひかりの料金が安くなる3つの方法

すでにauひかりを契約していて、月々の料金を見直したい場合は、次の3つの方法を試してみましょう。

  • クレジットカード払いにする
  • 不要なオプションを解約する
  • auスマートバリューを適用させる

auひかりを安くする3つの方法について、ポイントを詳しく解説していきます。

クレジットカード払いにする

auひかりの支払い方法は、以下の3種類です。

  • 口座振替
  • コンビニ払込票での支払い
  • クレジットカード払い

結論として、支払い方法をクレジットカード払いにすれば、支払い手数料がかかりません

口座振替はプロバイダによって振込手数料として220円(税込)、コンビニ払込票での支払いは支払金額に応じて66円(税込)~330円(税込)がかかります。

支払い方法が口座振替かコンビニ払込票になっている場合は、クレジットカード払いに変更することで、auひかりの月々の料金をわずかながら安くできます。

不要なオプションを解約する

auひかりには、au公式もしくはプロバイダ独自のオプションが付帯している場合があります。

不要なオプションを解約すれば、月々の利用料を抑えることができます

現在利用中のオプションは「My au」、もしくはKDDIお客様センターの窓口で確認できます。

ただし、auひかりのオプションのうち「ひかり電話」は、スマホ料金の割引サービスである「auスマートバリュー」の適用条件です。

ひかり電話を解約するとauスマートバリューも自動解約となるため、割引の適用を続けたい場合は解約しないことをおすすめします。

先生

auスマートバリューを適用したい人は「ひかり電話」の解約はNG!

auスマートバリューを適用させる

「auスマートバリュー」は、auスマホ・ケータイと光回線+ひかり電話を契約することで適用される割引サービスです。

契約中の定額プランによりますが、月々のauスマホ・ケータイの利用料金が最大1,100円割引されます。

さらに、「家族割プラス」と併用可能なので、auスマホ・ケータイを利用している家族が多いほどお得になります。

auスマートバリューについて、詳しくはこちらの記事をご確認ください。

【結論】auひかりの新規契約は代理店経由での契約がおすすめ!

新規でauひかりを契約するなら、代理店経由での契約がおすすめです。理由は、代理店独自で展開しているキャッシュバックなどのキャンペーンを行っており、その特典もあわせて手に入れることができるためです。

例を挙げると代理店のNNコミュニケーションズ経由でauひかりに申し込んだ場合のメリットを、以下にまとめました。

  • ネット+電話の契約で27,000円キャッシュバック
  • プロバイダキャンペーンで27,000円キャッシュバック
  • 他社乗り換えで最大55,000円キャッシュバック
  • 最大37,500円の初期工事費相当額割引

※すべてホームの場合

他のプロバイダや代理店よりもキャッシュバック率が高く、キャンペーンの手続きも簡単です。
NNコミュニケーションズはauひかりを提供するKDDIから功績が認められ、12年連続で表彰されています。

「auひかり」を取り扱う代理店

auひかりの代理店を広告バナーですがキャッシュバック金額なども記載しているもので一例をご紹介します。
代理店によってはキャッシュバック条件にオプション加入などの条件が付いている所もありますが、ここで紹介するのは余計なオプション加入無しでもキャッシュバックが貰える代理店です。

代理店広告バナー
(キャッシュバック金額表記付き)
株式会社NNコミュニケーションズ
株式会社NEXT
株式会社アシタエクリエイト

auひかりの料金に関するQ&A

auひかりの料金に関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q. auひかりの現在の利用状況はどこで確認できますか?

A. 「My au」から確認できます。

auひかりに契約しているau IDとパスワードでログイン後、[インターネット・電話]タブをクリックしてください。

Q. 戸建て住宅です。auひかりでもっともお得な料金プランはどれですか?

A. 月々の利用料金がお得なプランは、契約期間3年の「ずっとギガ得プラン」です。

3年以上の長期利用を検討している場合は、「ずっとギガ得プラン」をおすすめします。

ただし、以下のエリアでは申込みができません

大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県

まとめ

auひかりの初期費用や月額料金、月々の料金を安くする方法について解説しました。

auスマホ・ケータイのユーザーで新たに光回線の契約を検討している場合は、「auスマートバリュー」が適用される「auひかり」がおすすめです。

ただし、auスマホ・ケータイのユーザーでない場合は、お得な割引が適用されません。

ドコモ光やソフトバンク光、So-net光など、普段から利用しているスマホ・ケータイに合った光回線を検討したほうが良いでしょう。

当サイトでは、おすすめの光回線やプロバイダを紹介しています。

おすすめの関連記事
auスマートバリューで月々の料金をお得に!割引額や適用条件について解説ソフトバンクの「おうち割光セット」徹底解説ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ!au関連の注目記事まとめ

auauひかり

Posted by GW