eSIMの機種変更は面倒くさい?スマホ会社別eSIMの機種変更について解説

eSIMの機種変更は面倒? スマホ会社別eSIMの機種変更解説

eSIMのデメリットの1つに「機種変更が面倒くさい」という点が挙げられます。

物理SIMであれば端末を購入して、SIMカードを挿し替えるだけで機種変更が完了してしまうのですが、eSIMではSIMの再発行手続きが必要など慣れない手続きを行わなければなりません。

さらに、端末の購入場所も普段とは異なるケースがあるので注意が必要です。

そこで今回はeSIMの機種変更について詳しく解説していきます。

eSIMに対応している各スマホ会社の機種変更手続きも紹介していくので参考にしてみてください。

eSIMでの機種変更は面倒くさい?

eSIMの機種変更が面倒くさい理由について詳しく見ていきましょう。

一体どのような点がデメリットに感じられてしまうのか明らかにしていきます。

これからeSIMを利用しようと思っている方や利用中の方は注意してみてください。

eSIMの再発行が必要

eSIMで機種変更を行う際は「SIMの再発行手続き」を行わなければなりません。

物理SIMで行っていたような「端末購入」→「SIMカードの挿し替え」といった流れとは大きく異なります。

eSImの機種変更では、SIMを新たに発行し直し、購入した端末で手続きを行う必要があります

手続き自体はオンライン上で行えるので、慣れればスムーズにできるかもしれませんが、面倒に感じる人も多いでしょう。

eSIMの再発行手数料がかかるケースもある

eSIMで機種変更をする際に必要な「SIMの再発行」には、手数料が発生する可能性があるので注意してください。

最近では、SIM再発行手数料を無料にするスマホ会社も多くなっており、あまり気にする必要もなくなっていますが、手数料の有無については事前の確認が必要です。

スマホの購入場所がいつもと異なる

auの「povo」やソフトバンクの「LINEMO」では、端末販売を行っていないため、機種変更の際には、別途新しい端末を購入しなければなりません。

各キャリアのオンラインショップやSIMフリー版を用意しなければならず、いつもの購入方法とは異なるため注意が必要です。

ただ、これも「スマホ端末はキャリアから購入するもの」という固定観念を打破する流れでもあり、幅広い選択肢から購入する端末が選べるようになっているので、一概に悪いこととも言えません。

eSIMで機種変更をする際は、新しい端末をどこで購入するのかを確認しておきましょう。

スマホ会社別eSIMの機種変更について解説

スマホ会社端末購入手続き内容手数料
楽天モバイル楽天モバイルから可能eSIMの再発行無料
au「povo」povoから購入不可eSIMの再発行無料
ソフトバンク「LINEMO」LINEMOから購入不可eSIMの再発行無料
IIJmioIIJmioから購入可能eSIMの再発行220円
ワイモバイルワイモバイルから可能eSIMの再発行無料

ここでは、eSIMを取り扱っているスマホ会社で機種変更を行う方法を解説していきます。

各スマホ会社の手続き内容を詳しく説明していくので、利用中もしくは利用を検討しているスマホ会社の手順を参考にしてみてください。

また、手数料の有無や端末の購入場所についてもチェックしてみましょう。

楽天モバイル

楽天モバイルでは、「eSIMの再発行手続き」を通じて機種変更を行います。

再発行手数料は無料になっており、端末も楽天モバイル内から購入することができます

楽天モバイルの機種変更の主な手順としては下記の通りです。

  1. my楽天モバイルアプリを起動する
  2. 「契約プラン」をタップする
  3. 「各種手続き」をタップする
  4. 「SIM交換」を選択する
  5. 「再度ダウンロード」を選択し「再発行を申請する」をタップする
  6. 「確定する」をタップする
  7. 購入した端末をWi-Fiに接続し「my楽天モバイルアプリ」からログインする
  8. 申し込み履歴から「開通手続きをする」をタップする
  9. プロファイルをインストールすれば開通完了

au「povo」

au「povo」でもeSIMの再発行を通じて機種変更を行います。

ただし、povoでは端末の販売を行っていないため、auオンラインショップやSIMフリー版の購入が必要となります。

povoの機種変更の手順としては下記の通りです。

  1. お客様センター(0120−924−253)に電話をかける
  2. eSIM再発行手続きに関するメールが届く
  3. メール内のURLにアクセスする
  4. auIDでログインする
  5. 表示されたQRコードを読み取ってプロファイルをダウンロードする
  6. 切り替え完了

auの場合、eSIMの再発行は電話での問い合わせが必要になります。

ソフトバンク「LINEMO」

ソフトバンクの「LINEMO」でも端末販売を行っていないため、オンラインショップやSIMフリー版を購入した上で、eSIMの再発行申請を行います

LINEMOの機種変更の主な手順は下記の通りです。

  1. LINEMOにアクセスしてログインする
  2. 「契約確認・変更」から「eSIM設定」を選択する 
  3. 「申込する」をクリックする
  4. 電話番号またはメールアドレスで本人確認を行う
  5. 「申込」をクリックすれば申請完了
  6. LINEMOにログインし直して、eSIMプロファイル/回線切替内の「表示する」を選択
  7. 表示されたQRコードを読み取ってプロファイルをダウンロードする
  8. 切り替え完了

LINEMOの場合はWEBからeSIMの再発行申請が行えます

IIJmio

IIJmioでは、eSIMの再発行ページを通じてアクティベーションコードの再発行を行います。

再発行により電話番号が変更する点と発行手数料220円が発生する点に注意してください。

IIJmioの機種変更の手順は下記の通りです。

  1. 「SIMカードの再発行」にアクセスする
  2. 再発行するeSIMを選び「次へ」をクリックする
  3. 確認事項にチェックを入れ「お申し込み」をクリックする
  4. 登録メールアドレスにアクティベーションコードが届く
  5. リンクにアクセスしてeSIMを選択する
  6. QRコードを読み取って手続きを行うと切り替え完了

細かい部分は他社と異なりますが、全体的な方向性は共通しているので迷わないように手続きを行ってみてください。

ワイモバイル

ワイモバイルでも機種変更の際は「eSIM再発行」の手続きを行います。

手数料は無料になっており、端末もワイモバイル内で購入できます

ワイモバイルの機種変更の主な手順は下記の通りです。

  1. My Y!mobileにアクセスする
  2. 「契約確認・変更」を選択し「ご契約内容」を表示
  3. 「eSIM設定」を選択する
  4. 再発行するeSIMの電話番号を確認し「申込する」を選択する
  5. 再発行の理由を選択する
  6. 内容を確認して「申込」を選択する
  7. 「eSIMの設定に戻る」を選択する
  8. プロファイルの切り替えを行う
  9. プロファイルのインストールを行う

これらの手順を経ることでeSIMの切り替えが完了します。

eSIMで機種変更するときの注意点

eSIMで機種変更をする際は以下の3点に注意してください。

  • スマホ端末をどこで購入するかを確認しておく
  • 各スマホ会社の動作確認済端末をチェックする
  • 機種変更前にSIMロックを解除しなければならない

まず、機種変更をするに当たって新しいスマホを購入することになりますが、「端末をどこで購入するのか」を確認しておきましょう。

楽天モバイルやワイモバイルのようにサービス内で端末販売を行っている場合は問題ありませんが、povoやLINEMOのように端末販売がない場合は、各社のオンラインショップやSIMフリー版の購入が必須です。

さらに、購入する端末についても各社の「動作確認済端末一覧」をチェックして、利用可能な機種かどうかを把握しなければなりません。

最後にauやソフトバンクといったキャリアのオンラインショップで端末を購入した場合、SIMロックの解除が必要になります。

上記のような注意点もあるのでeSIMを利用中の方は事前に確認しておいてください。

まとめ

eSIMの機種変更について詳しく解説していきました。

SIMの再発行手続きが必要となっているため、物理SIMの機種変更よりも若干面倒に感じるかもしれませんが、基本的にオンラインで手続きが完結するので、慣れればスムーズに行えるはずです。

SIMフリー版を購入して機種変更を行う選択肢もおすすめですし、各社の手続き方法もそこまで複雑にはなっていないので、1つ1つを丁寧に行えば迷うこともないでしょう。

eSIMの機種変更はデメリットの1つとして挙げられがちですが、利用を控えるほどではないので詳しい内容を把握した上でeSIMの利用を検討してみてください。

おすすめの関連記事
eSIMに対応しているキャリアは?SIMカードの種類やSIMロック解除の方法eSIMの6つのデメリット解説

機種変更eSIM

Posted by GW