実質的に使い放題!UQモバイルの節約モードの効果と使い方を解説

UQモバイルの節約モードの効果と使い方解説

UQモバイルはKDDIが運営している格安SIMで、通信の品質や速度に定評があります。そんなUQモバイルの大きな特徴のひとつが「節約モード」です。

節約モードを使用しているときは、スマホの通信量が消費されなくなります。そのため、実質的には「使い放題」でスマホを使用可能です。

ただし、節約モードは料金プランによって通信速度が異なるなど、いくつかの点に注意が必要です。この記事では、UQモバイルの節約モードについて詳しく解説します。

UQモバイルの「節約モード」でスマホが実質的に使い放題に!

節約モードならSNS&音楽などどれだけ使っても「データ消費ゼロ」

UQモバイルの「節約モード」は、通信量を消費せずにネットを使えるサービスのことです。どの料金プランを選んでも標準装備されているため、無料で利用できます

節約モードを利用すると、ネットが実質的に「使い放題」になります。SNSや動画配信サービス、音楽のストリーミングサービスなどを好きなだけ使えるのです。

しかも、節約モードは「UQ mobile ポータルアプリ」からワンタッチでオン/オフの切り替えができるので、必要なときにすぐ利用することができます。

UQモバイルの「節約モード」は「UQ mobile ポータルアプリ」から!

UQモバイルの節約モードは、「UQ mobile ポータルアプリ」もしくは「UQ mobileデータ チャージサイト」から、簡単に切り替えることができます。

「UQ mobile ポータルアプリ」から切り替える方法

UQ mobileポータルアプリ

UQ mobile ポータルアプリ」を起動して、画面中央あたりに表示される「節約モード」と「高速モード」の切り替えスイッチをタップしてください。

たったこれだけの操作で、UQモバイルの節約モードを利用できるのです。また、スマホの「ウィジェット機能」を利用すると、スマホのホーム画面からモードを切り替えられます

ホーム画面の何もない場所をロングタッチして、「ウィジェット」から「UQ mobileポータルアプリ」を選びましょう。

この方法だとアプリを起動する必要さえなくなるので、より手軽に節約モードへ切り替えることができます。

「UQ mobileデータ チャージサイト」から切り替える方法

UQ mobileデータチャージサイト

「UQ mobile ポータルアプリ」ではなく公式サイトのUQ mobileデータ チャージサイト」から、節約モードへ切り替えることもできます

UQモバイルの公式サイトから、右上の「My UQ」をタップして「UQ mobileデータ チャージサイト」を選択してください。

ログイン後に画面下部に表記される「ターボ機能」のボタンをタップしてOFFにすると、節約モードへ移行します。ただし、ポータルアプリの方が簡単なのでポータルアプリでの切り替え操作をおすすめします。

「節約モード」の利用時は通信速度が制限されることに注意!

簡単な操作でいつでも利用できる「節約モード」ですが、何の制限もなく利用できるわけではありません。節約モード利用中は通信速度が低下した状態になるのです。

ただし、節約モードの最大通信速度料金プランによって異なります。速度の詳細について確認しておきましょう。

料金プラン最大通信速度
くりこしプランS300Kbps
くりこしプランM1Mbps
くりこしプランL1Mbps

上記のように、くりこしプランのSサイズだけが最大300Kbpsで、残りの上位プラン2つでは最大1Mbpsとなっています。

通常時の最大通信速度が最大225Mbpsであることから考えると、非常に遅いように感じられるかもしれません。しかし、用途によっては十分に実用可能なのです。

「節約モード」で具体的にどのようなことができるか紹介!

UQモバイルの「節約モード」は非常に便利なシステムですが、通信速度が低下してしまうことが気になります。そこで、節約モード時の通信速度で具体的にどのようなことができるか考察してみましょう。

くりこしプランS(最大300Kbps)の場合

くりこしプランSの場合は、節約モード時の最大通信速度は300Kbpsです。この速度で各アプリを使用したときの快適性は、次のようになると考えられます。

アプリの種類節約モード時の
快適性
ウェブページの検索や閲覧
テキスト主体のSNS(Twitter、Facebook、LINE、WhatsAppなど)
音楽ストリーミングサービス
画像主体のSNS(InstagramやPinterestなど)
YouTube動画閲覧(低画質)
YouTube動画閲覧(中画質)×
YouTube動画閲覧(高画質)×
  • ○ → 快適に使える
  • △ → 動作が遅くなったり読み込みに時間が掛かったりする
  • × → 使用は難しい

上記のように、くりこしプランSで節約モードを使用した場合は、テキスト主体のウェブサイトやアプリであれば問題ありません

ただし、Instagramのような画像が大量に投稿されているSNSや、中画質(360p)以上でのYouTube動画の閲覧などは難しいです。

音楽ストリーミングサービスも、音質設定を上げると音が途切れたり通信が止まったりしてしまうことがあります。

くりこしプランMとL(最大1Mbps)の場合

くりこしプランMとLの場合は、節約モード時の最大通信速度は1Mbpsです。この速度で各アプリを使用したときの快適性は、次のようになると考えられます。

アプリの種類節約モード時
の快適性
ウェブページの検索や閲覧
テキスト主体のSNS(Twitter、Facebook、LINE、WhatsAppなど)
音楽ストリーミングサービス
画像主体のSNS(InstagramやPinterestなど)
YouTube動画閲覧(低画質)
YouTube動画閲覧(中画質)
YouTube動画閲覧(高画質)×
  • ○ → 快適に使える
  • △ → 動作が遅くなったり読み込みに時間が掛かったりする
  • × → 使用は難しい

上記のように、くりこしプランMとLで節約モードを使用した場合は、くりこしプランSの場合よりできることが大幅に増えます

ただし、YouTube動画を720p以上の高画質設定で視聴する場合は、通信速度が足りないため実用的ではありません

とはいえ、スマホは画面が小さいので基本的には480pの画質設定でも十分です。最大1Mbpsで通信できる節約モードの場合は、快適にネットを使いやすいと言えるでしょう。

UQモバイルの「節約モード」使用時は3つのポイントに注意!

スマホの通信量を手軽に節約できる「節約モード」ですが、次の3つのポイントには注意が必要です。

  • 必ず300Kbpsや1Mbpsで通信できるとは限らない
  • 節約モードへの切り替えを忘れると通信量が減る
  • 使用する用途によっては快適にアプリを使えない

必ず300Kbpsや1Mbpsで通信できるとは限らない

UQモバイルの節約モードは、最大300Kbpsもしくは最大1Mbpsで使い放題になります。ただし、必ずしもこれらの速度でネットを使えるとは限りません

携帯事業者が公表している速度はあくまで「理論値」であり、通信環境や端末の状態などによっては、理論値より通信速度が低下することがあります

節約モードへの切り替えを忘れると通信量が減る

通常モードから節約モードへ切り替えるためには、専用のアプリやウィジェットなどで、モードのスイッチを切り替える必要があります。

もし、通常モードから節約モードへの切り替えを忘れると通常どおり通信量が消費されるので、使いすぎると通信制限が掛かってしまいます。必要なときに高速通信ができなくなるので注意が必要です。

使用する用途によっては快適にアプリを使えない

先ほどご紹介したように、節約モード利用時は通信速度が制限されるので、使用するウェブサイトやアプリによっては十分な速度が出ません

そのため、節約モードはあくまで補助的に使って、動画閲覧やオンラインゲームなど通信速度が必要な状況下では高速モードに戻す方が良いでしょう。

UQモバイルの「節約モード」を活用してスマホをお得に使おう!

UQモバイルの「節約モード」は、追加料金なしでネットが使い放題になるシステムです。切り替えもアプリやウィジェットから簡単にできます。

ただし、節約モード利用時は通信速度が最大300Kbpsもしくは最大1Mbpsに低下するので、使用するアプリによっては快適に使えないこともあります。

節約モードを活用すれば高速データ通信容量を節約できるので、いざというときに通信制限を掛けられる事態を防げます。UQモバイルの節約モードでスマホをお得に使いましょう。

UQモバイルを利用したくなった人はこちら

UQ mobile

おすすめの関連記事
くりこしプラン徹底解説UQモバイルのプラン変更方法。手順や手数料は?UQモバイルの機種変更の方法や機種について解説

設定方法,UQモバイル

Posted by GW